きぽん’s Room

kipon氏の日々の進捗を音楽とともに記録していくお部屋です

根津美術館、国立新美術館(ファッション・イン・ジャパン 1945-2020)、たなかみさきさん個展

最近行った美術館やらの感想をごりごりと書いていきたいと思います。

・根津美術館に行きました。根津家のWikipediaとか見てワイワイしてました。(武蔵中高や東武鉄道に携わっていらっしゃいます)やはり庭園の居心地が良かったです。青山のあたりはそもそも高い建物があまりないのですが、根津美術館の庭園に入ると本当に周りの建物がほとんど見えなくなってここが東京であることを忘れさせてくれます。ちなみに青山の地名の由来は徳川家康の家臣だった青山忠成から来ているそうです。ところで「青山(せいざん)」には中国語で「墓地」の意味が含まれているそうで、だとすると青山霊園って「墓地・墓地」じゃん…ってなって笑いました。

www.nezu-muse.or.jp

ja.wikipedia.org

 

・国立新美術館で開催されている「ファッション・イン・ジャパン 1945-2020」に行きました。一緒に行った大学の友人と「我々の今の時代で将来『文化』として展示されるものってなんだろうねという話になりました。私は少し音楽の話をしたのですが(King Gnuなど”音楽的にちゃんとしている人”やら髭男やらYOASOBI中心とする複雑な音楽がここまで市民権を得ているのは10年くらい前では考えられなかったことだと思います。すごい。)、それでも『文化』とまで呼べる大きな潮流にはなっていないね〜という話になりしんみりした感じになってしまいました。。

fij2020.jp

 

・原宿のギャラリールモンドで開催されていたたなかみさきさんの個展にいってまいりました。吉澤嘉代子さん繋がりで興味をもったイラストレーターさんです。(お声も素敵で、アルバム『女優姉妹』の『洋梨』という曲にも嘉代子さんとのデュエットで参加されています。)ティッシュをテーマにした個展で、本日最終日だったこともあってめちゃ混み状態でした。たなかみさきさんのイラストは色気のある女の子・男の子のキャラクターや独特な構図、線のタッチが魅力だと思うのですが、個人的にはあまり”描かれていない”作品の方が想像力を刺激されてグッときましたね!

そして後で知ったのですが吉澤嘉代子さんとニアミスだったらしい...嬉しいがもう少し長居すればと残念な気持ち...

f:id:kipon16g:20210718193523j:plain

https://www.instagram.com/misakinodon/?hl=ja

イラストレーターのたなかみさきが個展「Tissue Please」を開催、作品集やグッズの販売も

 

その後原宿駅の猿田彦珈琲に寄ったのですがここがまた素晴らしかったです。ポイントを書いていくと

・内装が吹き抜けになっていておしゃれ

・店内110席で意外と広く、日曜日の午後でも並ぶほどは混んでいない

・コーヒーがめちゃくちゃうまい(上島珈琲店の黒糖ミルクコーヒーに勝るとも劣らない美味しさ)

・店員さんが気さくに話しかけてくださる

こんな感じです。ちなみに猿田彦とは日本神話に登場する神々の1人(1”人”??)。火の鳥の猿田彦博士を思い出しますね。

2021/7/6〜2021/7/18 のメモ(生活全般・学習)

生活全般と学習についてのトピックです。

・ワクチンを受けにゆきました。「ワクチンの体調不良は気持ちから」との各所からの主張もあり、「前日に軽い筋トレをしてから行くことによって接種後の痛みを筋肉痛なのかワクチン接種による痛みなのかわからなくする」という技術を使って挑むことにしました。接種直後は眠くなったり鼻水が出たり程度で、接種日の夜から肩〜二の腕が痛くなった感じでした。痛さのレベルは「ギターは弾けるが左腕上げてシンバル叩くのはキツそう」くらいでした。

 

・今週一週間お休みだったのですが、無計画で休みに突入してしまったために「その日起きてから気になることを場当たり的にやる」モードになってしまい、色々と手を付けてはいるのだが精神的に安定しない、常に追われている感じになってしまいました。

基本的にいつも同じ感じなので、原因らしきものを列挙すると

・そもそも多くのことをやろうとしすぎている

具体的には音楽(nanaの伴奏・歌、バンド、オリジナル曲作る)、ブログ、CFAの勉強、暗号通貨の勉強(PolkadotNFTあたり)

・長期短期のスパンどちらにおいても計画を立てていないので際限なくやろうと思うことが出てきてしまう

・優先順位が付けられていない(上と同じことを言っていますが)

・朝起きるのが遅く起きた時点でやれることが限られてしまっている

・その結果夜になってやり足りない!1日が終われない!となり深夜まで作業をしてしまう

・その結果翌日も起きるのが遅くなり焦燥感を感じてしまう

こんな感じでしょうか。

前半の話については私が勝手にやろうと思っていることって人生においてやってもやらなくても良いことなのでもっと気楽にやったらと自分に言ってやりたいのですが、やれるときにやりたいことをやっておかないといざやれなくなった時(家族や仕事の事情とかその他もろもろ)にめちゃくちゃ後悔しそうで怖いのです。だからこれは根本的には解決しないと思います。

その上でまあ簡単な計画を立てたり優先順位つけるくらいはできるかもしれないと思います。今書いていて思いついたのですが今やってることが全部できなくなった時に後悔しそうなことに優先順位を振るのはいいかもしれないいやしかしそれも周りの環境に左右されるというか、今は休みなのでやっぱりバンドとオリジナル曲の方向にいくのですが、仕事をしているとCFAや暗号通貨のことがより気になるようになったり、はたまた経済情勢全般にもっと精通したいと思ったりと揺れ動いてしまいますね。ブログは自分が考えていることを吐き出しておくのにちょうどいいのでどちらにせよ続くと思います。これだけに集中する!といって視野が狭くなるのも不健康だしそうしたらそうしたでそのバランスを壊したくなるのでもうこのままやっていこうと思います。とりあえず今決めたのですが平日の夜に音楽やって休日に運動とCFAやる生活にしたいと思います。

後半の話については単純に生活習慣の話で学生時代からこんな感じなので特に直せる気もしないのですが、「早起きする」か「早寝する」かでいったら実現可能性が高いのが「早寝する」方だと思います。そういえばDaigoさんの動画で1日を終わらせるためにはルーティンがあると良いと言っていた気がするのでやっぱり毎日ブログかほぼ日手帳を書くかをやりたいと思います。朝は朝ご飯食べる前に無理矢理散歩するのが体を起こすのにいい気がします。まあその状態に持っていけるかが難しいのですが...元気にやっていきたいと思います。

 

・実はCFAはそこそこ進みました。今週はお休みだったので一日23時間やることができて、Mock Exam1,22周目までは終わらせられました。この調子でExam3の復習までやってしまうか、立ち止まってテキストに戻るか悩んでおります。少し会計のトピックをもう一度おさらいしておきたさはございます。どちらにせよライブ後の追い込みで復習しやすい状況には持っていきたいです。

2021/7/6〜2021/7/18 のメモ(音楽)

また少し期間が空いたのでその間のトピックを書いておきたいと思います。まずは音楽関係から。

・nanaで「シャルル」「若者のすべて」を歌いました。シャルルは完全に関ジャムの影響を受けました。今まであまりバルーンこと須田景凪さんはじめボカロPの方々の曲はそこまで入れ込んで聴いてこなかったのですが、色々と広げて聴いていきたいと思います。思えば私の高校時代は「メルト」や「ブラックロックシューター」など初期ボカロの全盛期で、バンドでもsupercellの「君の知らない物語」をやっていました。そこから私はBlankey Jet City やNumber Girlなど90年代ロックの方面へいってしまったのでボカロ文化から離れてしまったのですが、あのまま聴いていたらボカロPになりたい…!と思ったりしたのかなと思い返します。まあやるだけなら今からでもできますし是非今後やってみたいと思います。あとシャルルはフルで覚えてYouTubeにもあげてみたい。

nana-music.com

 

・nanaの配信を一回やってみました。平日の昼過ぎということもあり(そのせいということにさせてください…)オーディエンスはゼロだったのですが「オーディエンスはいたっていなくてもいい」(by オリオンをなぞる)の精神でユニゾン、吉澤嘉代子さま、ハヌマーン、ヨルシカ、藤井風さんあたりを歌い散らかしました。

 

・スタジオに一度入りました。エフェクターはZOOM G1X Fourです。懸案だったソロパートのギターは歪みにNYC Muffを導入することでそれっぽくなりました。また、JCM900でやっていたのですがメインの歪みの音がシャリシャリしすぎていたのでBognerのキャビネットを泣く泣く外しました。(本来は大きいアンプに繋げて使うときはキャビネットは(二重になってしまうので?)外すべきものだそうです…斎藤宏介と似たスピーカーをシュミレートできていたので残念)

 

・動画を投稿しました。スーパーカーのLucky、ハヌマーンの若者のすべて、マカロニえんぴつの恋人ごっこです。いつも通り画角が合っておらず右手が見切れていますがもう構いません。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

あと謎の勉強チャンネルを立ち上げていくつか動画を置いてみました。巷の勉強動画は1時間など長いものが多く、とりあえずやる気出すために手直に勉強したい方向けに2分,3分,5分,10分と短い動画を作ってみました。ただ勉強動画は「その人がやっているから頑張ろう!」と思うものだと思うのでおしゃれ感を出してキャラのブランディングしないと難しいな…と思っています。よく再生されている動画のコメント欄を見るに、特に女子小中学生に見られているジャンルだと思うのでそこにアプローチしていくのはきつい。まあとりあえず動画を置いたことでなんかやってみたい欲が落ち着いたのでよしとします。

 

・ギターはハヌマーンを少し練習しています。ワンナイト・アルカホリックとかトラベルプランナーとか。

 

・こちらのART-SCHOOLパロディ動画を見て爆笑してました。思うところがめちゃくちゃありすぎるのでまた後でちゃんとまとめたいです。

www.youtube.com

www.youtube.com

20210621〜20210705 ここ2週間くらいのまとめ

前回の更新からすごく時間が空いてしまったので、ここ2週間くらいの記録をしたためておこうと思います。

1. 生活

・先々週と先週の休日は久し振り、それこそコロナウィルスというワードが人口に膾炙して以来初めて地域のスポーツセンターに行きました。ほぼ1年以上振りです。やはり人間も動物、即ち「動く」「物」とは良く言ったもので、体を動かすことで結構体調が良くなりました。週1は必ずジムに行こうと思います。ランニング中はTOKOTOKO(西沢さんP)のお気に入り曲を聞いていました。特に「ヘルシーな生活」が自分のランニングの歩調とマッチして気持ち良かったです。内転筋を鍛えるやつをやったら2日後くらいにがっつり筋肉痛がきました。渋い。

2. 音楽

・ちょこちょこ集まって合わせていた友人と8月にライブに出ることになり、バンド名を考えていました。(先々週) 普段「ものの名前を考える」はおろか「アイデアを出す」という仕事すらやっていないので、候補を出したり絞り込んでいくのが大変でした。

今回のネーミングの要件を列挙すると、

「何となくバンドのイメージが掴めて」

「かといってジャンルをがっちり確定してしまうこともなく」

「まあそこそこかっこよくて(ないしは笑いに振り切っていて)」

「その名前である必然性があり(ないしは必然性を捻り出すことができ)」

「メンバーがある程度納得できる」

というところでした。個人的には良いなあと思うなまえがつけられたので満足しています。みんなもそう思ってくれていたら良いなあと思います。

・ライブに向けて一人でスタジオに入って音作りをやっています。(6/27) もう時間が間に合わないので、私は手持ちのZOOM G1X Four一本槍でやろうとしていますが...まともなエフェクターボードを持っていないとライブハウスの方に怒られるんじゃないかと少しビクビクしています。ただ最近は街の人でもギターを持っている人は増えた気がするのですがあまりゴツいエフェクターボードを転がして歩いている人は見ないので、性能の良いマルチだけで手軽にやってる人も多いのではないかと勝手に推測しています。許して欲しい。バッキングの歪み系はある程度納得のいくものが作れたのですがソロの音がいまいち他の楽器に埋もれてしまっているので再度調整したいです。

・ライブではオリジナル曲を合わせてみようと思っていまして、昨日(7/4)初めてバンドで合わせてみました。やはり生ドラム・生ベースで全員で合わせると自分の作った曲に命が吹き込まれる感じがしてありがたかったです。最高。セットリストを考えたり(ここはユニゾン田淵のマインドを継承したし)アレンジを考えたり引き続き準備を進めていきたいと思います。

・あとギターを修理に出したり、ギターの試奏(ユニゾン斎藤さん御用達のATELIER Z L.E.S.-ll Lower East Side)をしたりしました。アトリエのギターの音最高でした。13万くらいするのですが...欲しい...

3. 鑑賞

・ ペトロールズのライブに行ってきました。(6/29) 歳をとったらあんな感じでゆるいライブをやりたいです。当分はステージに立つだけで一生テンパってると思うので、60歳くらいになる頃には浮雲さん的雰囲気を醸し出せるようになりたいです。

・伊藤沙莉さんもご出演された舞台「首切り王子と愚かな女」を見てきました。(6/26のソワレ) まともな舞台がほぼほぼ初めてだったのでめちゃくちゃ感動しました。沙莉さんの演技、ストーリーや出演者の掛け合いもさることながら、舞台装置が特徴的で良かったです。雰囲気は中世大陸ヨーロッパなので、アニメ化するなら全編THE PINBALLSだなと勝手に思っていた(ラストシーンで「朝焼けの亡霊」をガンガンに流して欲しい)ところ、PINS解散の報道が入ってきてしまって悲しいです。あと渋谷パルコの天ぷら屋さんが美味しかった。この辺も詳しくレポートを書きたいと思っています。

stage.parco.jp

tabelog.com

4. 学習

・CFAはあまり時間とっていないのですが隙間で進めています。Mock Examを再度チェック中です。これを7月前半に終わらせて、後半〜8月頭に弱い分野(FRAですね)の復習をやり、再度Mockに戻ってきたいと思います。ところでCFA協会HPのMock Examはハイライトが引けたり、コメントがつけられたりするので色々と加工していたのですが、いつの間にか解いたMock自体が消えていて加工もぶっ飛んでしまいました。悲しいです。(その代わりに新しいMockになっていました)今後はインターネットで解いたMockもちゃんと紙かiPad自体に復習素材を作っておくようにしたいと思います。

 

ここまで書いていて、案外色々とやっているなと思って満足した気持ちになりました。引き続き元気出してやっていきたいと思います。

「吉澤嘉代子の日比谷野外音楽堂」記録

去る6月20日(日曜日)に吉澤嘉代子さんの日比谷野外音楽堂コンサートに行ってきたので、メモを書いておきたいと思います。

ちゃんとしたレポートはこちらに素晴らしいものがございますのでご覧ください。

natalie.mu

 

 

0.衣装・ステージ関係

まず目に飛び込んでくるのはステージのド真ん中にある素敵な大きな木でした。

後のMCで判明するのですが吉澤嘉代子さんの好きなものたち(おうちから持ってきたものも色々あるとか)を集めて飾っているそうです。

野音のステージを音楽を作っている箱庭、(嘉代子さんが)安心できる場所…に見立てて、そこにみんなにきてもらう、というコンセプトでした。

 

ステージは下手側から

ギター:君島大空さん

ベース:伊賀航さん

ドラム:伊藤大地さん

コーラス:加藤哉子さん

バンマス:ゴンドウトモヒコさん

サックス:武嶋聡さん

バイオリン:高原久実さん

キーボード:伊澤一葉さん

素敵な木のためにドラムの伊藤大地さんが見えなかったのだけが心残りでした。。

 

そして吉澤嘉代子さんの衣装が素晴らしかったです。

革っぽいトップにややダークなピンク系のパステルカラフルなロングスカートの出で立ちで、妖精さんみたいでした。山種美術館の特別展に出展されている西田俊英さんの「華鬘」のよう。太ももが微妙に透けて見えるのにやられてしまいました。今回も「刺繍」でお馴染み田中大資さんのデザインだそうでした。最高。

f:id:kipon16g:20210705223506j:plain

西田俊英「華鬘」こんな感じの衣装。

君島大空さんの髪の毛になんかついてんな?と思ったところ、メンバー皆さんお揃いの髪飾りのようでした。

 

1.東京絶景

日比谷野音という東京のド真ん中、憧れの場所での1曲目に相応しい曲ですね。同行者である友人も「最初はこの曲をやるんじゃないかと思っていた」とのこと。

そしてウィンディ登場。なんか寝ていたらしい。

 

2.ユートピア

不協和音からのテンション爆上がり。自然と手拍子が始まります。

お客さんが手を振るのに対して手を振り返す嘉代子さん。

 

3.月曜日戦争

ユートピアからたたみかけるようにヒット曲。

前回の赤青ツアーで聞けなかったので嬉しい。

 

4.怪盗メタモルフォーゼ

正直あんまり聴いたことなかった曲。

意外とキメが多くてもっと聞き込んでおけば乗れたのにと思う。

 

5.鬼

サビのつのつのつのが〜の部分で鬼ダンス。

サザエさんのオープニングのラストみたいな動き(伝わりますでしょうか)をしてステージを回るのが愛らしかったです。

 

6.恥ずかしい

この曲が選曲されるのは意外でした。サビのドラムが意外な感じのリズムの曲ですよね。

 

ここで少しMCが入りバンドメンバーの紹介。「さて次の曲!」という掛け声とともに

 

7.麻婆

またテンション爆上がり曲です。これを聞けたのは一番嬉しかったかな。

やっぱりこういうアンサンブルバンド映えする曲は聞きごたえがありますね。

 

8.えらばれし子供たちの密話

君島大空さんのギターがカッコ良すぎる。すなっく嘉代子の配信でも思ったのですが、イントロのアルペジオ入りのミュート具合が最高。原曲よりもミュート度合いを高めているのことによってより”密話感”が出ているなと思いました。

 

9.サービスエリア

この曲のイントロは流石に同期音源を使っていたと思います。

サビのドラムがよりリズミカルになっている印象。こちらもライブ映えしますね。

 

10.地獄タクシー

キーボード伊澤一葉さんが運転手さん役をやったのが非常に痺れました。

「日比谷の地獄前ですね…」と!あんな低い声出るのだとびっくりしました。

 

11. ぶらんこ乗り

ここからしばらく嘉代子さんが椅子に座っての歌唱が続きます。

まずはいしいしんじさんの「ぶらんこ乗り」のポエトリーリーディングがありました。

朗読企画たまにやっていらっしゃるようで(去年渋谷でやっていたのはこっそり覗きに行きました)そういう点も含めて集大成だなと感じました。

伊澤さんのアコーディオンが光ります。

 

12.ルシファー

この曲は穂村弘さんとの共作という意味で外せない曲ですね。

 

13.刺繍

そこはかとなく優しい曲です。

 

14.残ってる

定番曲ですね。

 

15.movie

打ち込みのドラムをバンマスのゴンドウさん、そしてコーラスのカナコさんまでやられていたのがすごいなと思いました。アンコールのMCで嘉代子さんが「野音は神聖な場所なので音源をできるだけ使わず再現したい」とおっしゃっていて、なるほど。。と思いました。

 

16.泣き虫ジュゴン

こちらもゴンドウさん、カナコさんが打ち込みのドラムを完全生再現。

伊藤さん泣きのドラムだなと思いました。

 

17.ストッキング

ゴールドのギターがかっこいい。こちらもアンサンブルが映える曲です。

 

18.ものがたりは今日はじまるの

アンコール前ラストの曲。

嘉代子さんが歌手を目指すきっかけとなった人物、サンボマスター山口隆さんが作詞・作曲された名曲です。

ドラムのアレンジがめちゃくちゃ良かったです。スネアの拍が1〜4拍目ではなく2・4拍目になっていてノリの良さが極まっていました。

サビの5小節目?でダダダダーンタンタラ×2となっていたのが結構かっこ良かったです。

ラスサビでは普通に戻っていたのも良かったです。

 

En-1.みどりの月

衣装チェンジ

改めて野音への思いを告白。ウィンディが相槌すら打てないくらいのマシンガントークで話す嘉代子さん。台本と違うことやっちゃったと可愛らしい嘉代子さん。

そして「やりたいことがある!」とまさかの観客席、野音のド真ん中へ移動。

そしてそこで未公開曲を新しいギターとともに歌います。

照明は緑に、ギターの色も緑です。

 

観客席に移動するときに絶妙にウィンディと会話が噛み合っていなかったのが面白かったです。光で見えないってウィンディは言っていたけど、天の声さんのいる場所が観客席を見通せない場所なのかなと勝手に思っておりました。

 

ここでメンバー紹介。各人の夢を発表。

観客席から嘉代子さんが帰るので、ウィンディが間を持たせるために台本を進行させます。

まずはギターの君島さんから。

ギター:君島さん

この声で聞こえてるんですかね。。と気にする。会場笑。夢は「鎌倉に犬と住みたい」と考えたが、違うかなと思って…「生涯現役」ちょうど戻ってきた嘉代子さんに対してウィンディ「君島さんは生涯現役です!」(断定)

ベース:伊賀さん

めちゃくちゃ声が素敵。夢は「音楽以外のことで(ここ何回も言ってめちゃくちゃ強調していた)世界的に有名になりたい」例えばゴミを拾ってる人…嘉代子さんから「こんな野心家だったんですね!」との声に、10年以上の付き合いのドラムの伊藤さんも「初めて知りました…」とのこと。

ドラム:伊藤さん

夢は「松井秀喜のように、場外…じゃないけど、看板直撃ホームランが打ちたい」気持ち良いですねと感心する嘉代子さん、そして伊藤さん「伊賀さんはその横でゴミ拾ってます」で会場爆笑。

コーラス:カナコさん

夢は「世界一のたまご料理が食べたい…ささやかなというか大胆な?世界一ですからね。。」「でもその料理は卵そのものになるような気がしていて。。」

キーボード:伊澤さん

運転手さん役で悩んだとのお話。嘉代子さん曰く、日比谷の地獄前ですねの「地獄前ですね」でボリュームを上げるのが正しいとのこと。夢は「死ぬときに良い人生だったなと思えるような人生、そうなれるように生きようという…」普通に発想が東京事変じゃん(?)、伊澤さんが言うと重いなと思いました。

バイオリン:高原さん

リハのときはぼかして言ったとのことですが、夢の「おうちが数カ所に欲しい」というのは家賃収入のことだそうです。…いいよね不労所得!

サックス:武嶋さん

夢は「吉澤嘉代子さんの日比谷野音でやるという夢に重ね合わせて自分がどこでやりたいか考えると、カーネギーホールでやりたい!…でも家賃収入も良いなと思いました。」恥ずかしそうに以上!とおっしゃったのが印象的でした。

バンマス:ゴンドウさん

夢は「このメンバーで武道館やりたい、まあメンバー全員変わってるかもだけど…」

 

…こんな感じで茶目っ気たっぷりなバンドメンバーのみなさんでした!

留学中の弓木英梨乃さんが見れなかったのが残念。。

 

En-2.雪

 

これにて終了でした!

【曲分析1】オリオンをなぞる - UNISON SQUARE GARDEN

先日述べたように、好きな曲の分析をやっていこうと思います。

今日は私がユニゾンを好きになったきっかけでもある名曲「オリオンをなぞる」です。

www.youtube.com

 

【曲の構成】

イントロ→Aメロ→Bメロ→サビ

→間奏(イントロと同じ)→Aメロ→Bメロ→サビ

→ギターソロ→Cメロ→サビ→ラスサビ

→アウトロ(これもだいたいイントロと同じ)

曲の構成自体は王道アニソンというかJ-POPというか、ごく普通です。

ただ、上ではざっくりAメロとBメロにまとめてしまいましたが、この曲は各メロに前後半があってそれぞれコード進行も違います。

つまり

Aメロ前半:ごきげんよう〜

Aメロ後半:千里眼千里眼〜

(この間に「perfectly〜」のキメがあります、あとで書く)

Bメロ前半:何でもないような〜 (そしてまたここにキメがある)

Bメロ後半:\\暫定ロマン// 十分適度に〜

結構この進行考えるの大変だと思うんですよね。すごい。1曲に色々な引き出しを使っている。。

 

【コード進行】

オリオンはユニゾンのテンプレともいえるEメジャーキーの曲です。というかこの曲を以てしてユニゾンのテンプレが完成されたというべきでしょうか。「リニアブルーを聴きながら」や「桜のあと」など、オリオン以降に出てくるユニゾンの大型シングル曲はオリオンをベースにしているなあと思います。以下注目点列挙。

・ざっくりイントロとサビのコードが同じ。

・Aメロの一発目に鳴らすコードが好き。Eadd9からAM7(9) (EonA??)

Eadd9は夏影テールライトのAメロの入り(「夏の夜に〜」の部分)でも使われていてユニゾンみのあるコードですね。

とにかく私はAM7(9) (EonA??)というコードが好きでして(1弦から順に0-0-1-2-0-xと押さえるコードですね)、中学生の時に初めて作った曲にもこのコードをどメインに使った記憶があります。

・Aメロ終わりのキメの進行が好き。(Aadd9→G#m7(♭13)→F#m7(11)→E)

出ましたこちらの進行。ライトフライトや三日月の夜の真ん中などユニゾンの曲の随所に使われていて私が今一番好きな進行です。

・Bメロ前半〜後半にかけての(僕達なんて〜)キメが好き。

これはC#m7→B→Aadd9→G#m7(♭13)で、Cメロ(何度よろけて〜)と同じ進行になっているのも良い。

・サビの前半終わり(つながりたい〜あっちこっち)の進行が好き。

G#m7(♭13)→C#m7→F#m7(11)→B7 (ディグリーで3625??)なんてことはない進行に見えるのですが安心感があります。

・サビの終わりにかけての進行が好き。

 

【その他の部分】

・この曲の真髄はドラムのシンコペーションだと思います。

 

20210621 ラタトゥイユ熱視線

【行動事実】

・学習、音楽関連は何もなし。録画した関ジャム(変ジャム・先週分)を見ていました。椎名林檎さんが発するKing Gnu 常田さんへの熱視線にグッときました。

・ラタトゥイユを作りました。

・昨日の夜、吉澤嘉代子さんライブレポをずっと書いていました。それも早くあげたい。

・今日じゃなかったのですが、nanaのMV企画にオリジナル曲を上げたらユニゾン好きの方からお褒めの言葉をいただきめちゃくちゃ嬉しかったです。なんでもやってみるものですね。

https://nana-music.com/sounds/060077b6

 

【感想】

・これに出たい。

https://chikamatsu-nite.com/news/2021/06/05-id1409.php

 

f:id:kipon16g:20210621230027j:plain